散逸ゆらぎ制御ナノ電子フォトン国際研究拠点

本プロジェクトは日本学術振興会研究支援のもと拠点形成事業(Core-to-Core Program)―A. 先端拠点形成型―
「散逸ゆらぎ制御ナノ電子フォトン国際研究拠点」(日本側コーディネーター:田畑 仁教授(東京大学))として、
2014年度からスタートしました。

研究拠点機関

研究拠点機関

トピックス

2014.11.2
           
幾原教授が紫綬褒章を御受章されました。
      
2016.5.31
大津グループの池川晶貴君(修士課程2年)が第40回応用物理学会講演奨励賞を受賞しました。
2016.4.10
本プロジェクト主催の「自然知能セミナー(第2回): 自然計算・散逸ゆらぎと知能」が開催されます(2016年4月21日)。
2016.4.1
斎木グルーブの山崎 洋人君(学振PD)が共同研究のためNortheastern大学に向かいました(6ヶ月滞在)
2015.11.26
本プロジェクト協賛の「自然知能の構造とデザイン」シンポジウムが開催されます(2016年1月25日)。
2015.9.17
田畑グループの足立真輝君SSDM 2015 Young Researcher Awardを受賞しました。
2015.3.12
田畑グループの足立真輝君(修士課程2年)が平成26年度学生表彰「東京大学総長賞」に選出されました。
2014.10.15
イベント/セミナー情報を更新しました。
2014.09.09
JSPSストックホルム研究連絡センターニュースレター(第43号4ページ)で
2014年5月の大津教授、田畑教授の訪瑞について紹介されました。
2014.07.01
田畑仁教授(コーディネーター)が応用物理学会のフェローに選出されました。
2014.04.25
散逸ゆらぎ制御ナノ電子フォトン国際研究拠点のホームページを開設しました。